【結果】3. 北朝鮮による日本人拉致問題を解決するには

https://youtu.be/7ZjnwtvKuhA
(北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ「めぐみ」)
これは、昭和52年、当時中学1年生だった横田…

Source: 3. 北朝鮮による日本人拉致問題を解決するには

「3.北朝鮮による日本人拉致問題を解決するには」の優秀アイデアをご紹介します!

アイデア1

日本だけでなく世界各国の北朝鮮による拉致被害者家族や支援者らと協力し、北朝鮮が恐れる金正恩の「人道に対する罪」を問う国際裁判を起こす。(これは実際あるかもしれない)。また北朝鮮による拉致をはじめ弾圧や虐殺といった事を非難する声明を刻んだ「北朝鮮による人権犯罪の像」のようなものを世界中に作り、海外の北朝鮮大使館前や朝鮮総連前等に建設し、国際的ロビー活動を展開し北朝鮮を包囲する。


アイデア2

アニメ「めぐみ」など、拉致問題をテーマにした日本のコンテンツを世界に拡散します。今は英語字幕くらいしかありませんが、グローバルに展開するならば世界で多く使われている他の言語(スペイン語・フランス語等)の字幕も用意することが良いと考えます。世界のアニメ映画祭に出品するなど、より積極的な広報活動が必要です。


アイデア3

基本的には安倍政権の取り組みを支持しています。現在は北朝鮮の核開発に対して国際社会からの非難が高まっていますが、金王朝にとって核保有は体制を維持するための最大カードと位置づけられており、最優先事項です。そう簡単には手放さないはずです。

拉致問題に限定して考えるなら、金正恩が核を手放し国際社会が制裁を解いてしまうと、交渉の上で有利を保てません。反対に、強硬に開発を続けて実戦配備に至り、ウヤムヤのうちに核保有国として容認されてしまった場合も同様です。

このまま段階的に経済制裁を強めていき、北の核開発がギリギリのところで停滞或いは中断に追い込まれた時がチャンスだろうと思います。

それと並行して(既にやっていることですが)米韓軍による威嚇や、人権問題での糾弾を強めていく必要があります。斬首作戦や国際刑事裁判所への提訴準備を着々と進め、物理的身体的な恐怖や、権威が地に落ちる不安を与えます。金正恩の決断を促すために、彼一人にターゲットを絞ることが重要と思います。

日本国内においても、強硬論が沸き上がった方が効果的だと思います。本気で熱くなり過ぎてはいけませんが、日本の世論を北朝鮮は気にしているはずですので、情報戦として日々話題にし、金正恩に国民の怒りを集中させます。政権への批判も多々あるでしょうが、こと拉致問題に関しては安倍政権に(フリだけでもいいので)支持を寄せ、あらゆる手段を容認する空気を作ることが重要と思います。出来ればメディアには一大キャンペーンを打ってもらいたい。

譲歩・妥協は一切許さず、全ての拉致被害者の帰還が最優先であるという姿勢を国民一丸となって貫きます。よく、「他の人権問題にも同様に力を注ぐべきだ」という意見を見かけますが、もちろんそれも大事なのですが、順番としてまず拉致問題解決に全力集中すべきで、そこは揺らいではいけないと思います。なぜなら拉致被害者は北当局からは「いないもの」とされており、後回しにした上に最悪闇に葬られてしまう危険があるためです。日本人妻その他の被害者は衆目の中で北朝鮮に渡ったため、その存在が明らかに認識されており、消すことの出来ない人権問題だという違いがあります。


アイデア4

平壌宣言の破棄。マネーの凍結。徹底した不正輸出の禁止を実行するべきと考えます。拉致された人の現在の状況が心配と言う人がいても妥協をしてはいけません。どうせ北朝鮮は「めぐみさんは死んでいる」としか言わないだろうからです。「全員死んだ前提で」やるくらい腹をくくって臨んで欲しいです。


アイデア5

1. 日本の武器は経済援助金以外には、あまり多くない
2. 被害者家族も長くは待てない
3. よって期限を切って拉致被害者帰国を条件に経済援助を供与
4. 期限や条件が守られなければ、それ以降、一切の援助等を禁止
5. 4の旨を憲法に盛り込む

3の拉致被害者は、特定失踪者まで含むのかなど、範囲を決める必要がある。
4の援助等は経済援助のみならず、企業の新規投資等も禁止する。
条文には、援助以外の利益供与等の抜け道にも対応できるように弾力性を持たせる。
5の憲法については、9条が焦点になりがちだが、拉致問題だけに限定すれば、
9条ほど改正反対は起こらないのではないか。
引き延ばしされないよう、日本にも4や5による担保のように、
援助等を与えられる厳格な期限が必要。
(法律だと簡単に改廃できそうなので、何となく憲法に。)


アイデア6

拉致被害者の救出を求める運動で発案されたブルーリボンをつけるキャンペーンをもっと展開したほうが良いと思います。日本中のみんなが一丸となって北朝鮮による拉致被害者の生存と救出を祈っていることを世界各国にもアピールもできますので。日本だけの問題ではなく、国際的な人権問題であることを明確にしたほうが良いと思います。


ご感想・ご提案などがございましたら、自由にコメントを残してください。

広告

【結果】3. 北朝鮮による日本人拉致問題を解決するには」への2件のフィードバック

  1. アイデア4の「日朝平壌宣言の破棄」について思うところを書かせて頂きます。

    近頃ストックホルム合意及び日朝平壌宣言を破棄せよとの意見が盛んに言われますが、私は諸刃の剣と思っています。確かに不合理なものではありますが、安倍総理の言動を見る限り、日朝平壌宣言を餌にしている節が感じられます。

    北朝鮮側は一方的に特別調査委員会の解散を宣言しましたが、ストックホルム合意については何も言及していないんですよね。そして9月の集会では松原議員がストックホルム合意破棄を、中山議員が平壌宣言破棄をそれぞれ主張しました。この時は国営ラジオを通じて、中山議員の主張に激しく反応したのです。

    私は平壌宣言の破棄(ちらつかせる等の使い方も含め)は、北朝鮮が本当に困ってもう日本しか頼るところがないという状態になって初めて、カードとして効力を持つと思います。今の注目点は韓国の政局です。もしかしたら弾劾が可決された方がいいかも知れません。反北政権があと4ヶ月半で終わるのか、それとも1年近く続くかは結構大きいです。

    韓国が親北政権に交代してケソン工業団地の営業が再開され、莫大な援助金が流れ込むことを北朝鮮は待っています。国連制裁は人道援助を禁止していません。北朝鮮を焦らせ、交渉のテーブルにつかせるために平壌破棄の破棄を匂わせるのは意味があるでしょう。ですので国民世論が「破棄せよ」と盛り上がること自体は良いことだと考えています。

    ただ、実際に破棄するとなるとタイミングが肝心です。宣言を破棄しさえすれば拉致被害者を取り戻せるかのような単純理論に陥ることには注意が必要と思っています。北朝鮮にまだ頼る相手がいるうちは、宣言は破棄され、被害者は戻ってこず、日本の交渉カードが失われるということにもなりかねません。

    関連して、今月の日中韓首脳会談(韓国は訪日が危ぶまれていますが)で三国の連携を見せつけることや、日露交渉でロシアとの接近をアピールすることは大変意味があると思います。安倍総理がこれらの外交で成果を出し、北朝鮮が孤立感を深めることを期待しています。

  2. アイデア6ですが、スカイツリーをブルーリボンの模様に光らせるのも良いような気がします。結果を読んで思い出したアイデアです。

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中